摘発される違法なインカジと合法ネットカジノの違いを詳しく解説

インカジ店はインターネットカジノ店の略で、店内に設置したパソコンでネットカジノを遊ばせる違法なギャンブル施設で、合法のネットカジノとは根本的に違います。

以前は、東京や大阪などの大きな都市の繁華街を中心に闇営業をしていることが多かったインカジ店ですが、最近では地方にもジワジワと進出しており、警察が摘発に力を入れている状況です。

インカジ店は明らかに賭博法に抵触している施設であり、運用者も利用者も違法性を問われることになります。
インカジ店もネットカジノもパソコンでギャンブルを行うところは一緒なので、どちらも違法だと勘違いしている方も多くいるようです。

ここでは、摘発される違法なインカジと合法ネットカジノの違いを詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

ネットカジノは合法国のライセンスを所持

ネットカジノは合法国のライセンスを所持

完全に違法営業のインカジ店と違い、ネットカジノは海外の合法国の政府機関から正式なライセンスを取得した合法企業が運営を行っています。
ネットカジノは世界の国々で国際的に運営を行うために莫大な投資を行い、厳しい審査を経て政府機関からライセンスを取得しているのです。

一方のインカジ店は、もちろんこのようなライセンスを取得しているはずもなく、そもそも日本国内を拠点に営業している時点で賭博法に抵触しており、何から何まで違法なのです。
ネットカジノの場合はライセンスを取得した後も、これを維持するために規則に従って運営を行う必要があり、もちろんイカサマなどの不正行為は御法度となっています。

合法のネットカジノのほとんどは、このように厳しい監視下で運営が行われており、プレイヤーはその結果として公平で安全な環境でギャンブルが楽しめるのです。

日本国内での運営は違法

そもそも日本国内では、ネットカジノが拠点を置いて運営することは禁止されており、これは合法国のライセンスを取得していたとしても同じです。
日本国内で遊べるのは海外を拠点にしているネットカジノだけで、インターネットを通して遊ぶ分には違法性は問われません。

一方、インカジ店の場合は、拠点や店舗もすべて国内にあることから完全に違法です。
インカジ店が摘発されれば、そこで遊んでいた客も違法性を問われて逮捕される可能性もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

オンラインで安全な入出金が可能

オンラインで安全な入出金が可能

ネットカジノではギャンブルで遊ぶための入出金手段として、クレジットカードやオンライン決済サービス、銀行送金、仮想通貨などが選べます。
これはネットカジノが取得しているライセンスの規約に従ったもので、安全な決済手段の採用が義務付けられているのです。

ネットカジノのアカウントを開設して最初に入金する際は名義のチェックが入るほか、出金の際にも身元確認のための身分証の提出などが求められる厳重さとなっています。
これは利用者の安全を守るためであると同時に、ネットカジノがマネーロンダリングなどの犯罪行為に利用されないためです。

一方、インカジ店はというと客が従業員に現金を支払ってゲームをするシステムとなっており、勝利金も手渡しで客に支払われ完全に違法となっています。

ネットカジノは別会社がゲーム開発

不正防止の観点からネットカジノのゲームは、すべて外部の専門会社が開発を担当していて、ネットカジノの運営が独自にゲーム開発を行うことはできません。
これもライセンスの規約で決められており、不正防止のための仕組みが細かいルールによって構築されているのです。

ゲームの開発会社に関しても、制作段階でイカサマなどを仕込まないよう、第三者機関の監視の厳しい下で開発が行われるようになっています。
ネットカジノにとってイカサマや不正行為の問題は死活問題となるため、業界を上げて運営の透明性の実現に全力で取り組んでいるのです。

しかしインカジ店は誰も監視していないので、独自に開発したゲームを使ったり、ネットカジノで使われているゲームに手を加えたりしてイカサマを堂々とやっています。
インカジ店を利用した客は最初こそ調子よく勝てますが、最終的にはすべてインカジ店に持って行かれるという結末が待っているのです。

まとめ

まとめ

摘発される違法なインカジと合法ネットカジノの違いを詳しく解説してきましたが、参考になったでしょうか?

完全に違法営業のインカジ店と違い、ネットカジノは海外の政府機関から正式なライセンスを取得しており安全にギャンブルが楽します。
日本国内ではネットカジノを運営することは禁止されており、これは合法国のライセンスを取得していたとしても同じで、店舗で営業をしているインカジ店はもちろん違法です。

ネットカジノはオンラインで安全な入出金に対応していますが、インカジ店のように店内での現金の受け渡しは違法で摘発の対象になります。
不正防止の観点からネットカジノのゲームは、外部の会社がゲーム開発を担当していますが、インカジ店は独自に開発したゲームを使い不正も横行していて安全ではありません。

インカジ店はアカウントの開設や身分証の提示などを求められず、簡単にギャンブルが遊べるというメリットがありますが、万が一摘発された場合のデメリットは計り知れないものがあります。

もしネットカジノに興味があるなら、安全な大手ネットカジノに登録して遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です