ギャンブルに攻略法は大変重要。
そこで考案されたマネーシステム。
つまりシステムベットで最終的に勝利をおさめようとする手法です。
そのなかでも代表的なモンテカルロ法の習得を目指してみましょう。

「簡単にできるの?」
ギャンブル初心者から、このような声が聞こえてきそうです。
残念ながら、モンテカルロ法は少々複雑となりますので、初心者が取り組むのは難しいかも知れません。
しかし、その仕組みに触れることは大変重要。
使いこなすことができれば、あなたも立派なギャンブラーです。



仕組みは数列を利用したシステムベット。
そのため、ペンとメモを用意しておきましょう。
それからゲームの選択が非常に大切です。
元手を含んだ配当が3倍となるものを選ぶことが基本。
2倍のイーブンベットを選んでもよいのですが、モンテカルロ法の1セットで確実なプラスを出すためには、やはり3倍を選ぶようにしてください。

それでは実践です。
まず数列「1・2・3」をメモしてください。
1回目の勝負へのベット額を導き出すためには、左右の数字を合計しましょう。
「1」プラス「3」で「4」となります。
つまり4ドルを賭けてください。
ここで勝てば数列を変えずに最初の計算を続けます。
2回目も4ドル、ということです。

問題は負けてしまった場合。
数列を操作しなければなりません。
具体的には、直前の賭け金を付け加えるのです。
直前は4ドルでしたから、数列は「1・2・3・4」となります。
そこで導き出されるベット額は、左右の数字合計ですから、「5」となります。
5ドルを賭ければよいのです。

負け続けた場合には、数列が増えていきます。
5連敗したとしましょう。
直前の数列は「1・2・3・4・5・6・7」。
そこへ直前のベット額を付け加えると「1・2・3・4・5・6・7・8」
6回目の勝負には、いくら賭ければよいでしょうか?
「左右の数字をプラスすればいいのかな?」
その通り。
「1」プラス「8」で9ドル賭ければOK。

では、6回目の勝負に勝った場合について触れてみましょう。
モンテカルロ法では、勝った場合には数列のうち左右二つの数字を消し込みます。
すると、出来上がった数列は「3・4・5・6」
7回目の勝負でベットする額は、左右の数字合計ですから9ドルとなります。
これらを繰り返していき、数列に残った数が一つもしくは無くなった場合に1セット終了とします。

どうですか?
少々複雑かも知れないのですが、身に着けておいて損はありません。
実戦で活かせるように、完全な習得を目指してください。